ニコチンを絶ている訳とは!?禁煙が続かない俺が驚愕した成功率

メニュー

チャンピックスでの禁煙方法

喫煙者は体内が慢性的なニコチン中毒である為、禁煙を初めて約72時間目には離脱症状というものがおきます。
タバコを吸わないと手持無沙汰になったり、イライラしてしまう最大の原因はこの離脱症状にあり、脳内に「いつも通り」の事が行われない状態から発生する脳の乱れにあるといわれています。
今までの禁煙補助薬の中心的存在であったニコチンパッチやガムにはニコチンをあえて含むことでこの離脱症状を無理やり抑えてきましたが、これは疑似的に喫煙している状態を作り上げている一時的な方法です。

これに対しチャンピックスは「タバコを吸いたい」という気持ち自体を抑え、ニコチン成分を体内に入れることなく、脳内にできたニコチン受容の中にあるドーパミンに直接作用することで禁煙をより心身共に成功へと導きます。

またチャンピックスのバレニクリンという主成分にはニコチン受容に抗体する有効成分が含まれていることから、継続してチャンピックスを12週間の間服用した患者の約93%が禁煙に成功するという圧倒的な禁煙成功率を誇り、並行してニコチンそのものを拒絶する身体を生成しニコチン依存症を克服しています。
チャンピックスはタバコの代用品としてニコチンの受容の中にあるドーパミンに働きかけながら、ニコチン成分を体内に含むことなく離脱症状からくる精神的な苦痛やストレスを緩和してくれます。
禁煙で招かれる口の寂しさでの暴食や、身体そのものがタバコ(ニコチン)を欲していない「我慢のない」状態であることからふと口の寂しさでタバコを吸ってしまい元の木阿弥とうということも起きにくいのがこの禁煙成功率の数字の所以といえるでしょう。

チャンピックス服用時の最初の一週間は禁煙準備期間とし、タバコを吸うことは禁止ではありません。
タバコを吸っているかのような状態で視覚的に騙すのではなく、徐々にゆっくりと体内から作用させ、ニコチンを欲する脳を直接刺激しながらいつの間にかタバコが欲しくない、吸いたくないといったニコチンを拒絶する状態に緩やかに運ぶことで無理なく、快適な環境で禁煙することができます。